老眼予防と回復|トレーニングの実践法

老眼回復トレーニング(理論編)

老眼は水晶体と毛様体の動きが悪くなるために、近くにピントを合わせられなくなる状態なので、何とかしてそれらの動きを良くできればいいわけです。
関節でも筋肉でも、体の中の「動きの悪い部分」を良くする方法は、たいていの場合「なるべく動かしてやる」ことに決まっています。

目も体の一部ですから、きっと動かしてやればいいはずです。
eye101 ただ、毛様筋は手足の筋肉とは別のタイプの筋肉で、胃や腸の筋肉と同じ仲間であるため自分の意思で直接動かすことができません。
しかし、毛様筋は遠くを見ればリラックスするし、近くを見れば緊張するため、間接的ではありますが自分の意思で動かせます。したがって、水晶体も自分の意思で動かせるのです。

そうと分かれば話は簡単です。できるだけ遠くとできるだけ近くを繰り返し見れば、毛様筋と水晶体は最大限の運動をするはずです。
次の問題は、運動の量をどのくらいにするか、という点です。体のトレーニングはたいていの場合、量を増やせば効果も上がります。

しかし、考えてみてください。あなたも経験があると思いますが、どんなに簡単なことでも長期にわたって1日5分以上継続するのはほとんど不可能です。
もう一つ問題になるのは、何か道具を必要とするかです。特別な道具を必要としないことが条件です。

福与 貴秀 著 「老眼―治らないとあきらめていませんか?」より抜粋

現代社会はコンピュータ化され、どの職場でもパソコンが導入されています。
年齢を重ねてくると、パソコンの画面を見ること自体が目を酷使しているのですから、老眼がどんどん進行するはずです。

小学生の時だったと思うのですが、近視予防に一定時間手を見て、次に遠くの景色を一定時間見る動作を繰り返して行ったことがありました。
ご訪問いただいた方も、経験があるのではと思います。

短い間に、遠くを見たり、そして、近くを見たりすることは、眼がピントをどんどん合わて行っているので、それだけ筋肉を運動させているのですね。
近視にも効果があるようですが、老化でだんだんと「毛様体」と呼ばれる、眼の筋肉が衰えて調節できなる現象を押さえるだけでなく、回復するらしいのです。

何の道具も必要としないトレーニングだし、簡単にできるので続けることが大切なようです。