老眼予防と回復|トレーニングの実践法

眼の老化とルテイン

ルテインって何?

カロテノイドの一種であるルテインはほうれん草や卵黄に含まれるもので、この成分には抗酸化効果があり目に良いといわれています。
眼球の網膜や水晶体、皮膚に、人体の場合は存在していますが、サプリメントや食事からルテインは摂取するしかなく、体内では生成できないものです。

 
サプリメントでの補充が注目されているのは、年齢を重ねると共に体内のルテインは減少しやすくなるからです。
パソコンの使用や目の使いすぎによる眼精疲労に悩む現代人が増加していることが、ルテインのサプリメントが注目されている理由のひとつではないでしょうか。

 
目の健康に効果的な栄養素として、ルテインのサプリメントが評価されていて、酸化ダメージを細胞が受けないよう守る働きや、光をブロックする働きがあるのがルテインの特徴です。
ルテインには紫外線だけでなくパソコンのディスプレイなどから発せられる青い光からのダメージを守る働きも、青い光を吸収する役割があるようです。

 
白内障や加齢黄斑変性症のリスクが、ルテインが体内で不足することによって高まるといわれています。今までは加齢に伴って起きるものと言われていのが、眼疾患です。
食生活の偏りや光による目への負担なども関わっていると考えられている最近は、ルテインのサプリメントの活用が必要かもしれません。

 
 

ルテインと目の関係

よくサプリメントに見かけるルテインは、目にいい成分として人気があります。
多くのルテインは網膜の黄斑部に存在しており、黄斑部の働きに大切な関わりがあると思われているのです。黄斑は水晶体の真後ろに存在し、ものをはっきり見るための高解像度視力を作り出します。

 
サプリメントなどで黄斑の色素濃度を、ルティンを摂取することによって高められ、加齢黄斑変性を予防する効果があると言われています。
黄斑色素濃度の計測が目の健康状態を測る指針として、黄斑色素が網膜を守ると考えられていることから行われていたようです。

 
元々ルテインは黄斑部と水晶体だけに存在すると考えられていました。
サプリメントへの関心が高まっているのは、近年では眼球内のあらゆる組織にルテインが含有されていることが知られているからです。
体に有害な青い光を吸収する性質があるルテインは、黄色色素のカロテノイドという成分だそうです。ルティンが目の抗酸化力を高め、目を老化から守る作用が期待されているのです。

 
ルテインは食事やサプリメントから摂取されて、体内で一定量は蓄積されていますが、この蓄積量が徐々に40歳前後から減少していきます。
サプリメントなどでのルテイン摂取を考えると目を守る効果が、40歳を過ぎた頃から期待できるのではないでしょうか。

 
 

ルテインサプリメントについて

ますますルテインのサプリメントは種類が増えており、いろいろと値段も違います。
しばらく使い続けないときちんとした効果が現れないルテインには、即効性があるわけではないようです。
ちょっと使ってみてすぐにどのサプリメントがいいか判断をするというわけにはいかないものです。効果を実感するには時間がかかりますが、飲みやすさや風味はサンプル品で確認することができます。
口コミ情報がネットにあるので使うというのもひとつの方法です。

 
ルテインサプリメントの多くは、目にいいというブルーベリーやヒルベリーと一緒に入っています。単純な比較は一層難しいですが、ルテインの配合量でルテインサプリメントを選ぶことができます。

 
サプリメントからルテインを摂取する時は、パッケージなどに記載されている用量をしっかり守りましょう。
なお、サプリメントだけでなく食事で積極的に天然の食材からもルテインを摂取できるようにする方が良いのではないでしょうか。