老眼予防と回復|トレーニングの実践法

老眼回復トレーニング(実践編)

老眼予防のための気軽にできる調節訓練

  1. 目の前15センチの位置に、人差し指かボールペンなどを立ててその先端を見る。ピンボケでも構いません。
  2. できるだけ遠くのもの(5メートル以上、遠ければ遠いほどよい)を見る。この時、目と目の間とペン先と遠くの目標が一直線に並ぶようにする。
  3. 1と2を繰り返す(約1秒間隔、20往復。計約40秒)。
  4. このトレーニングを1日4回以上やる。
  5. 近視や乱視、遠視で眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、使用したままでトレーニングする。
福与 貴秀 著 「老眼―治らないとあきらめていませんか?」より抜粋


老眼予防・回復トレーニング

このサイトの管理者である私も、54歳。老眼もかなり進行してきました。福与先生の本にある上記の調節訓練を始めて1ヶ月が経過しました。裸眼で辛かった新聞も老眼鏡無しで読めるようになり、また疲れ目も感じることが少なくなったような気がします。
(現在は、60歳です。眼鏡をかけないでも新聞を読めますが、さすがにiPhoneの文字は辛いときがあります^^)

実践しても個人差があるとは思いますが、お金もかからず手軽な老眼防止方法だと思います。もうすこし詳しくご覧になりたい方は、福与先生の本をお読み下さい。

 

↓↓ こちらの本も、よく読まれています ↓↓