老眼予防と回復|トレーニングの実践法
*

老眼回復トレーニング(実践編)

老眼予防のための気軽にできる調節訓練

  1. 目の前15センチの位置に、人差し指かボールペンなどを立ててその先端を見る。ピンボケでも構いません。
  2. できるだけ遠くのもの(5メートル以上、遠ければ遠いほどよい)を見る。この時、目と目の間とペン先と遠くの目標が一直線に並ぶようにする。
  3. 1と2を繰り返す(約1秒間隔、20往復。計約40秒)。
  4. このトレーニングを1日4回以上やる。
  5. 近視や乱視、遠視で眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、使用したままでトレーニングする。
福与 貴秀 著 「老眼―治らないとあきらめていませんか?」より抜粋

老眼予防・回復トレーニング

このサイトの管理者である私も、54歳。老眼もかなり進行してきました。福与先生の本にある上記の調節訓練を始めて1ヶ月が経過しました。裸眼で辛かった新聞も老眼鏡無しで読めるようになり、また疲れ目も感じることが少なくなったような気がします。
(現在は、60歳です。眼鏡をかけないでも新聞を読めますが、さすがにiPhoneの文字は辛いときがあります^^)

実践しても個人差があるとは思いますが、お金もかからず手軽な老眼防止方法だと思います。もうすこし詳しくご覧になりたい方は、福与先生の本をお読み下さい。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

老眼回復トレーニング(実践編)関連ページ

老眼レーシックで裸眼の感動を
生活環境全体がレーシックの手術によって変わっていくということは、数年前から語られています。 老眼になって視野が狭くなったり、緑内障および白内障の初期症状が疑われるようになったならば、早期に治療をしていくようにするというこ […]
レーシック手術による老眼の治療
レーシック手術とは、エキシマレーザーという特殊なレーザー光線を使って、角膜を削る手術です。 角膜は非常に薄いのですが、エキシマレーザーならそれを細かく削って、凹凸をつけることができます。凹凸がつくと、角膜はレンズ状になり […]
トレーニングで老眼が回復する?
毛様体や水晶体の働きで近くや遠くにピントを合わせることにより、その機能を鍛えることを目的とした訓練で老眼も回復するようです。
老眼回復トレーニング(理論編)
老眼は水晶体と毛様体の動きが悪くなるために、近くにピントを合わせられなくなる状態なので、何とかしてそれらの動きを良くできればいいわけです。 関節でも筋肉でも、体の中の「動きの悪い部分」を良くする方法は、たいていの場合「な […]