老眼予防と回復|トレーニングの実践法

飛蚊症と網膜剥離

加齢に伴い硝子帯は変性して、硝子体剥離という状態になります。剥離した部分は水で満たされ、その境界面の組織が見えるのが飛蚊症です。

付着した組織がゴミのようになって、目の前に何かが飛んでいるように見えます。

rougan012

網膜剥離は網膜がはがれてしまう病気で、目を強打したときに起こりやすいのですが、中年以降はそういう外的要因とは関係なく起こることがあります。

きっかけは老化による硝子体の萎縮で、網膜から硝子体が外れる際に、網膜までも引っ張ってしまい網膜が裂け、液状になった硝子体が入り込んで網膜がはがれてしまうのです。

飛蚊症は失明のリスクはありませんが、網膜剥離は一刻も早く手術を受けないと失明してしまいます。
網膜が裂けただけなら、レーザー光を照射して裂け目を焼き固めます(レーザー光凝固療法)。
網膜が剥離してしまった場合は、手術が必要ですが、早期に処置すれば視力の回復が望めます。