老眼予防と回復|トレーニングの実践法

老眼についての豆知識

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、目に起こる老化現象のひとつです。
個人差はありますが、40歳前後から始まるといわれています。また、近視や近眼の方でもなります。
最近では、老眼と同じような症状が、目の酷使により子供や若い人の間でも増加傾向にあるそうです。

 
ここでは、老眼の初期症状などについて、ご紹介します。
初期の症状として代表的なものは、「遠くはよく見えるのに、近くはよく見えず疲れてしまう」「小さい字を見る時には、少し離して見ると見えやすい」などが挙げられます。目の疲れは、無理して近くにピントを合わせるために起こります。

 
日常生活でのチェックポイントは、

  • 本(特に文庫本)を読む時につらい
  • 暗いところでは特に、新聞の文字が読みづらい化粧品やお薬の効能書きを読むのに苦労する
  • 近くの文字を無理して見ていると、気分が悪くなる
  • 近視の眼鏡を外すと文字が読みやすい
  • パソコンなどで目が疲れたり肩が凝る

といった項目に当てはまるようでしたら、放っておかずに眼鏡に助けてもらうことをおすすめします。

 
40代で眼鏡を使用することに、抵抗を感じる人は少なくありません。
しかし、見えないまま放置しておくと、急速な視力の低下が起こる可能性もありますので、早めに対処することが大切になります。

 
眼鏡の種類には、近視や乱視があっても大丈夫な「遠近両用メガネ」と、遠くは見えるけれど近くはぼやける状態を改善する、近くだけが見える状態になる普通の老眼鏡とがあります。
眼鏡選びで困った時には、まずは眼科医に相談してみましょう。
近視や乱視、遠視がある場合には、コンタクトレンズや専用眼鏡との併用が便利だそうです。

 
老眼の原因は、「加齢によるもの」と「目の酷使によるもの」の2つがあります。
加齢による原因については、目にはカメラでいうレンズにあたる「水晶体」があり、この水晶体が関係しています。
この水晶体は、近くを見る時には厚くなり、遠くを見る時には薄くなるという調整を行う場所なのですが、歳をとるとこの調整ができなくなってきます。

 
また、目の酷使による原因については、スマホやパソコン、読書やテレビなどを見続けている人は、目を酷使しています。
それにより、水晶体の厚さの調整を行う毛様体筋に負担がかかり衰えてしまうために、老眼と同じ症状が起こります。

 
長時間のスマホの使用で、夕方頃になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」という言葉をご存じでしょうか。
スマホを見る際には、近くにピントを合わせるために、毛様体筋の調整を行っているのですが、長時間の使用で目を酷使するため、この毛様体筋に負担がかかることが原因です。
スマホに限らずパソコンも強い光を発していて、目に入る光の光量を抑えるための虹彩筋にも負担がかかっていることも原因です。