老眼予防と回復|トレーニングの実践法

なぜ老眼は起きるのか?

目の調節は水晶体と毛様体筋の役目です。
下図のように水晶体は横から見ると楕円形です。近くを見るときは、毛様体筋が緊張してチン小帯が緩み、水晶体が厚くなります。

水晶体の厚みを変えて、近くや遠くを見るわけですが、水晶体が弾性を失い硬くなると、厚さを自由に変えることが難しくなります。
この調節機能の低下が老眼となって表れるのです。

老眼のしくみ