老眼予防と回復|トレーニングの実践法

緑内障

緑内障は、視神経が障害を受け、徐々に視野が欠けていく病気です。
緑内障の第一の原因は、眼圧の上昇です。眼圧を調整しているのが房水で、房水の生産量と排出量のバランスが崩れると、眼圧が上昇します。

房水は毛様体で生産され、後房→瞳孔→前房→隅角へと流れていき、隅角へたどり着いた房水の85%は強膜静脈へ、残りは虹彩、毛様体から流れます。
排出で問題が生じて、排出の機能が低下すると眼圧が上昇します。この眼圧の上昇で視神経が障害を受け、視野が欠けるのです。

緑内障は、開放隅角緑内障閉塞隅角緑内障に大別され、開放隅角緑内障が80%を占めると云われています。

前者の解放隅角緑内障は、慢性的な経過をたどり、末期になるまでほとんど自覚症状がありません。
後者の閉塞隅角緑内障は、短期間で急激に眼圧が上昇するため、頭痛や吐き気、眼痛などの症状があります。症状が出たときの対応が遅れると、失明に至るケースもあるので注意が必要です。

緑内障

正常な眼圧なのに、視神経が障害を受けるケースがあり、これを正常眼圧緑内障といいます。
これは、視神経の眼圧に対する抵抗力には個人差があり、抵抗力の低い人は正常眼圧でもダメージを受けやすいと考えられています。