老眼予防と回復|トレーニングの実践法

眼底出血

網膜内の血管が破れて出血した状態を眼底出血といいます。
網膜は像を結ぶ部分ですから、ここが障害を受けると、著しく視力が低下することになり、失明することもあります。

眼底出血は高血圧による場合と糖尿病に起因する場合があります。
前者の高血圧による場合は、主に静脈が詰まって出血する場合が多く、後者の投入病の場合は、糖による血管が障害を受けることで起こります。