老眼予防と回復|トレーニングの実践法

目の老化は防げるのか?

あなたは、目が良い方ですか?
目が良い、目が悪いという言い方は少々おかしい気もしますが、若い時では近眼だと目が悪いなどと言ったりしますね。
そして、よく聞く言葉に「目が良いと老眼になりやすい」があります。

40歳を超えると、新聞が読みにくいと感じるようになる人がいます。少々早いかもしれませんが老眼の減少ですね。

老眼は加齢による老化現象なので、完全に治したり治療したりすることができません。年齢を重ねるに連れて、老眼になってしまうことは、誰にでも訪れる老化現象なのです。

目のピント合わせをしてくれるのがレンズ(水晶体)ですが、年齢と共に厚さを調節する力が弱まりピントが合いにくくなります。
レンズの調整がうまく行かずピントが合いにくくなった目は、近い所が見えにくくなります。
このピントが合いにくくなった状態を老眼といい、早い人で40歳前後から出始める老化現象なのです。

遠くは見えるけど、新聞を読むときなど近くが見えにくくなり眼が疲れやすくなります。
この状態が老眼の始まりですね。
また、明るいところでは見えるけど、薄暗くなると見えにくいというときも老眼を疑って下さい。

誰でも老眼になる可能性がありますが、老化を遅らせることができるとしたら、老眼になる時期を遅らせることができるはずです。

gankai01

では、人の老化がどのように起こるのか。

この問いに対する明確な答えは、現代の医学でも解明されていません。しかし、いろんな側面から研究が進められており、日に日に進んでいることは事実です。

老眼も人の老化だとしたら、人の老化の原因を知り予防に努めたり、トレーニングにより老眼の進行をを遅らせることは可能ではないでしょうか。