老眼予防と回復|トレーニングの実践法

白内障

白内障は、水晶体が白く濁ってくる病気です。
水晶体は無色透明ですが、何らかの原因により白く濁ってくると、物がはっきり見えない、眼がかすむという症状が出てきます。

9割以上は加齢で起こる

水晶体の主な成分は水分とタンパク質です。タンパク質が変性することで濁りが生じるのですが、ほとんど加齢からくる症状と考えられています。

白内障

白内障はゆっくり進行していく

誰でも加齢により水晶体が白濁していきますが、老化に個人差があるように白濁の度合いにも個人差があります。白内障の症状はほとんどが60代、70代になってから表れるのがほとんどです。