老眼予防と回復|トレーニングの実践法

水晶体・毛様体

水晶体は瞳孔を通ってきた光を屈折させ、網膜に像を結ぶレンズの役割をしています。
水晶体は、透明なゼリーをセロファンで包んだような柔らかいレンズです。柔らかいために厚みをかえることがことができ、近くを見るときは厚くなり、遠くを見るときは薄くなって焦点を調節します。

水晶体は加齢による影響を強く受ける器官です。程度の差がありますが、ほぼすべての人が加齢に伴い白濁していきます。
白濁の度合いがひどいと白内障になります。また、弾性が失われ硬くなり老眼の原因となります。

毛様体は水晶体の周りを取り囲む組織で、水晶体を支える役目の他、毛様筋の伸縮で水晶体の厚さを調節します。

目の構造