老眼予防と回復|トレーニングの実践法

中心性網脈絡膜症

脈絡膜から水分(しょう液)が漏れ出て、網膜の黄斑部に溜まる病気です。
原因はわかっていませんが、30代~50代に多く、過労やストレスが発症要因になります。

網膜が盛り上がるため、ゆがんで見えたり、中心部がくすんだり、物が小さく見えたりします。数ヶ月で自然に治るケースがほとんどですので、特に治療はせず経過を観察します。

何度も再発するようなら、レーザー治療を受けることになります。