老眼予防と回復|トレーニングの実践法

ドライアイ

目の表面を覆っている涙の量が十分でないため、目の表面が乾いてしまう症状をドライアイといいます。
高齢者に圧倒的にドライアイが多く、その原因はまだ明らかにされていません。

ドライアイは、作られる涙の量の減少や質の変化、目の表面から涙が蒸発しやすくなったりして起こります。加齢による涙腺の機能低下や、瞼や結膜の変化がドライアイを引き起こすのです。

ドライアイ

目を使うとすぐに疲れる」、「目が乾いたような感じでゴロゴロした違和感がある」、「涙や目やにが多くでる」、「ときどき目がかすむ」などの自覚症状がでたら、ドライアイの判断は難しいですが医師の診断を受けましょう。

 治療は眼科で点眼薬を処方してもらいます。重症の場合は、涙点プラグという器具を涙を排出する管につけて、排出量を減らす治療法もあります。