老眼予防と回復|トレーニングの実践法
*

老眼と近視

「遠くのものが見えにくい近視の人は、老眼になりにくい」って、聞いたことがあるのですが、はたして近視の人は老眼になりにくいのでしょうか。
これって、説得力がありそうなのですが、疑問に感じるのです。
物が鮮明に見えるには、光が眼球の中で屈折により網膜上で焦点を結ぶことが必要です。近視、遠視、そして乱視も、眼球での屈折が正常でないために、遠くが見えにくかったり、近くが見えにくかったり、画像が重なってみえたりするのです。

この焦点を合わせる目の働きが、目を自然な状態にしていてもスムーズにできる状態が「正視」、つまり近視や遠視、乱視でない状態なのです。



近視とは、この屈折が強いために焦点が網膜に手前になってしまい、近くは見えやすく、遠くは見えにくいという症状につながるのです。
それに反して、遠視は光の屈折が弱いため、近くと遠くの両方ともがぼやけてしまいます。

乱視は、角膜が楕円にひずんでいることで、屈折度が目の縦・横では異なってしまうために焦点が合わない状態を指します。
だとすれば、近視は近くのものはよく見えるて遠くのものが見えにくい症状ですから、文字など近くのものが見えにくくなる老眼にはなりにくいという理由になるわけです。
そうでしょうか?

老眼は目の老化現象ですから、近視の人だけ老化しないということはありません。つまり、近視の人でも老眼になるのです。
ただし、近視の人ってもともと近くを見るのが苦にならないようで、老眼になってもあまり不自由さを感じないらしいのです。つまり、老眼に気がつくのが遅くなる傾向にあるのです。

それで、「老眼になりにくい」という説が生まれたのでしょう。
眼に起こっておる近視や遠視などの屈折異常の状態によって、老眼だと感じる度合いが異なるのですね。でも、老眼にならないということではありませんので、いずれは、老眼鏡が必要になるでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

老眼と近視関連ページ

老眼の初期症状をチェック
老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、目に起こる老化現象のひとつで、個人差はありますが40歳前後から始まるようです。 老眼は目に起こる老化現象ですから、近視や近眼の人も例外なく老眼になるのです。 しかし、最近では、 […]
人の老化の原因
老化に関する仮説を知ることにより、老化が何故、どのように起こるのか、全体像が見えてくるかも知れません。
目の老化は防げるのか?
老眼も人の老化だとしたら、人の老化の原因を知り予防に努めたり、トレーニングにより老眼の進行をを遅らせることは可能ではないでしょうか。
目とフリーラジカル
とくに紫外線は目に大きな害を及ぼしています。目は他の器官よりフリーラジカルから守るシステムが発達しているようです。