老眼予防と回復|トレーニングの実践法

緑内障の治療

早期発見、早期治療が基本

現状では、破壊された視神経を元の戻すなどの治療は不可能なため、早期発見、早期治療が大切です。
いったん傷ついた視神経は元に戻せないため、視野異常や視力低下が改善することはありませんが、眼圧をコントロールするための薬が続々と開発され、進行を食い止めることは十分可能となってきています。

眼圧をコントロールする方法

眼圧をコントロールする方法としては、薬、レーザー、そして手術の3つの方法があります。薬は主に点眼薬が用いられ、毎日決められた回数の点眼が必要です。
レーザーや手術は、房水の流れを良くするための行います。房水の流れを妨げている線維柱帯や虹彩などを切除したり、切開したりして眼圧を下げます。

普通、開放隅角緑内障の場合は慢性的なので、まず薬で眼圧をコントロールします。
一方、閉塞隅角緑内障で、急激に症状が悪化する可能性のある場合は、レーザーで房水の流れを良くする治療を行った後、点眼薬で眼圧をコントロールします。