老眼予防と回復|トレーニングの実践法
*

緑内障の治療

早期発見、早期治療が基本

現状では、破壊された視神経を元の戻すなどの治療は不可能なため、早期発見、早期治療が大切です。
いったん傷ついた視神経は元に戻せないため、視野異常や視力低下が改善することはありませんが、眼圧をコントロールするための薬が続々と開発され、進行を食い止めることは十分可能となってきています。


眼圧をコントロールする方法

眼圧をコントロールする方法としては、薬、レーザー、そして手術の3つの方法があります。薬は主に点眼薬が用いられ、毎日決められた回数の点眼が必要です。
レーザーや手術は、房水の流れを良くするための行います。房水の流れを妨げている線維柱帯や虹彩などを切除したり、切開したりして眼圧を下げます。

普通、開放隅角緑内障の場合は慢性的なので、まず薬で眼圧をコントロールします。
一方、閉塞隅角緑内障で、急激に症状が悪化する可能性のある場合は、レーザーで房水の流れを良くする治療を行った後、点眼薬で眼圧をコントロールします。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

緑内障の治療関連ページ

もしも目に違和感があったら
目は人にとってとても大切な役割を持っています。 現代社会では目を酷使することが多く、目が疲れたり視力が悪くなったりすることが増えたと言います。   人は個人差はありますが年を取れば老眼になります。視力の良い人ほ […]
白内障
白内障は、水晶体が白く濁ってくる病気です。 水晶体は無色透明ですが、何らかの原因により白く濁ってくると、物がはっきり見えない、眼がかすむという症状が出てきます。 9割以上は加齢で起こる 水晶体の主な成分は水分とタンパク質 […]
白内障の治療
初期の段階では 白内障は進行がゆっくりしているため、初期の段階では点眼薬や内服薬を使って様子を見ます。タンパク質の変性を止める製剤や水晶体のグルタチオンというアミノ酸の減少を補う点眼薬が使われます。 日常生活に支障を感じ […]
緑内障
緑内障は、視神経が障害を受け、徐々に視野が欠けていく病気です。 緑内障の第一の原因は、眼圧の上昇です。眼圧を調整しているのが房水で、房水の生産量と排出量のバランスが崩れると、眼圧が上昇します。 房水は毛様体で生産され、後 […]
加齢性黄斑変性症
黄斑は、網膜の中心の直径2ミリの範囲のことで、神経が収束した部分です。 この黄斑に異常が起こるのが加齢性黄斑変性症です。網膜の上皮細胞が変質することで起こると考えられています。 黄斑に脈絡膜新生血管ができて、そこからにじ […]
ドライアイ
目の表面を覆っている涙の量が十分でないため、目の表面が乾いてしまう症状をドライアイといいます。 高齢者に圧倒的にドライアイが多く、その原因はまだ明らかにされていません。 ドライアイは、作られる涙の量の減少や質の変化、目の […]
飛蚊症と網膜剥離
加齢に伴い硝子帯は変性して、硝子体剥離という状態になります。剥離した部分は水で満たされ、その境界面の組織が見えるのが飛蚊症です。 付着した組織がゴミのようになって、目の前に何かが飛んでいるように見えます。 網膜剥離は網膜 […]
中心性網脈絡膜症
脈絡膜から水分(しょう液)が漏れ出て、網膜の黄斑部に溜まる病気です。 原因はわかっていませんが、30代~50代に多く、過労やストレスが発症要因になります。 網膜が盛り上がるため、ゆがんで見えたり、中心部がくすんだり、物が […]
眼底出血
網膜内の血管が破れて出血した状態を眼底出血といいます。 網膜は像を結ぶ部分ですから、ここが障害を受けると、著しく視力が低下することになり、失明することもあります。 眼底出血は高血圧による場合と糖尿病に起因する場合がありま […]