老眼予防と回復|トレーニングの実践法
*

硝子体

硝子体は水晶体の裏側に広がる無色透明の、水、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどで構成される流動体です。
ゲル状の物質で、光の通り道であるとともに、眼球を丸く保つ働きをしています。

加齢によりゲル状だったものが、次第に水溶化していき空洞が生じたり、シワがよったりします。

目の構造

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

硝子体関連ページ

角膜
眼球の正面にある透明の膜で、表面は外気にさらされ瞼に接しています。 一般的に黒目の部分を角膜と読んでいます。厚さは約0.5mmと薄く、主にコラーゲンという物資でできています。 角膜は加齢の影響を受けにくい器官です。
強膜・脈絡膜
強膜 角膜に接し、黒目を取り囲むように眼球を覆っています。強膜は不透明な白い膜で、普通白目の部分を強膜と呼んでいます。 脈絡膜 脈絡膜は強膜の内側にあり、角膜や強膜とともに眼球をしっかり包み込み、目の内圧を支え一定の形に […]
虹彩・瞳孔
目も中心の黒い部分が瞳孔です。 そして、瞳孔を囲む丸い茶褐色の部分を虹彩といいます。 角膜を通して外から見えるので、虹彩の色が目の色とされています。虹彩の色の違いは、虹彩に含まれるメラニン色素に関係があり、メラニン色素の […]
水晶体・毛様体
水晶体は瞳孔を通ってきた光を屈折させ、網膜に像を結ぶレンズの役割をしています。 水晶体は、透明なゼリーをセロファンで包んだような柔らかいレンズです。柔らかいために厚みをかえることがことができ、近くを見るときは厚くなり、遠 […]
前房・後房と房水
前房は角膜と虹彩の間、後房は虹彩と水晶体の間をいいます。いずれも房水と呼ばれる「水」で満たされています。 房水は、血液を原料として毛様体で作られます。 水晶体や角膜などの血管を持たない組織に、ブドウ糖やアミノ酸、ミネラル […]
網膜
網膜は、角膜から入ってきた光を感じて像を結ぶ、カメラでいえばフィルムに当たる部分です。 そこに届いた光を、一瞬にして電気信号に変える組織で、神経細胞とそれをサポートする血管で成り立っています。 温度管理や排泄、酸素や栄養 […]