老眼予防と回復|トレーニングの実践法
*

睡眠不足は目の大敵

睡眠不足は、体のさまざまなところに障害を引き起こします。疲れ目など、目にさまざまなトラブルを引き起こします原因にもなります。こうした、危険因子をを避けるためにも、十分な睡眠が必要です。

睡眠
年齢を重ねると、深い睡眠を得にくくなるようです。これは、メラトニン(脳内伝達物資でホルモンの一種)の働きとの関係が有力視されていて、年齢とともに分泌量が減るためです。

しかし、適度な運動や日光へあたることで、分泌量を高めることができます。
少しでも老化を遅らせるには、適度な運動と睡眠はどうしても必要になるでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

睡眠不足は目の大敵関連ページ

遠近両用眼鏡を選ぶ
遠近両用眼鏡はやすい良いデザインだけ選ばないで、できれば一定期間使ってみて物が歪んで見えないか、気分が悪くならないかなど試してみることがいいかもしれませんね。
外出時にはサングラス
白内障などの加齢に伴う目に病気には、紫外線も有害に作用し注意が必要です。日差しが強いときだけでなく、外出のときはサングラスをかけるよう心がけましょう。
タバコも目に悪い!
タバコの煙は多くの有害物質を含んでいます。 喫煙はこの有害物質の影響で、視神経の血液の循環を悪くします。また、副流煙による間接喫煙はたばこを吸っている本人以上に、まわりの人に害を及ぼすといわれています。