老眼予防と回復|トレーニングの実践法
*

外出時にはサングラス

サングラスは、太陽の強烈な紫外線から目を保護してくれます。太陽の紫外線(UV)は、人体に有害ですが、特に光が強い場合は目にも有害に作用します。

白内障などの加齢に伴う目に病気には、紫外線も有害に作用し注意が必要です。日差しが強いときだけでなく、外出のときはサングラスをかけるよう心がけましょう。

eye06
最新流行ファッションサングラスと老眼鏡のコラボレーションが人気ですね。
枠にはお洒落な高級眼鏡素材のアセテートシートを採用。定評があり、人気のあるヨーロピアンデザインです。ベースのレンズは偏光度、紫外線カット率ともに99%以上ある、高機能・偏光レンズ。そのレンズの裏側下部に非球面の老眼鏡を張り合わせたそうです。
掛けて鏡を見ると驚きですが、なんと、よくよく見ないと老眼部分が判りません!このサングラスを掛けて颯爽とお出かけしたいですね。
近くも遠くもハッキリ見え、とても便利らしいです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

外出時にはサングラス関連ページ

遠近両用眼鏡を選ぶ
遠近両用眼鏡はやすい良いデザインだけ選ばないで、できれば一定期間使ってみて物が歪んで見えないか、気分が悪くならないかなど試してみることがいいかもしれませんね。
睡眠不足は目の大敵
年齢を重ねると、深い睡眠を得にくくなるようです。これは、メラトニン(脳内伝達物資でホルモンの一種)の働きとの関係が有力視されていて、年齢とともに分泌量が減るためです。
タバコも目に悪い!
タバコの煙は多くの有害物質を含んでいます。 喫煙はこの有害物質の影響で、視神経の血液の循環を悪くします。また、副流煙による間接喫煙はたばこを吸っている本人以上に、まわりの人に害を及ぼすといわれています。